サポート

■お問合せから納品までの流れ

(1)お問合せ・ヒアリング

お問合せフォーム、電話でお気軽にお問合せ下さい。

ご来店・見学・打ち合わせをご希望の場合はお問合せフォーム、電話でお申し込み下さい。

(展示がない場合もありますので見学を希望する場合は事前確認下さい)

お見積もり依頼はお問い合わせフォームからお申し込み下さい。

(2)商談

お客様の条件をお聞きして、お見積もり致します。

設置条件など自治体の判断が必要の場合は事前にご確認下さい。

水道、電気、ガスなどのライフラインが必要の場合は事前に接続業者にご確認下さい。

接続には以下の条件があります。

※ライフラインとの接続が工具を使用しない着脱方式であること。

※随時かつ任意に移動できるよう、設置場所から公道に至る通路が確保されていること。

詳しい基準はこちらをご覧ください。

(3)ご契約

設置場所、搬入路など細かい条件を確認してご契約となります。

(4)製作

お客様が選択したユニットハウスに合うトレーラーの製作、オプション工事をします。

(5)運搬

ユニットハウスを積載したトレーラーをけん引して設置場所まで運搬します。

(6)搬入・設置・お引渡し

現場に設置してお引渡しとなります。

■お支払いについて

 お支払いは、ご契約時に総額2/3、残金1/3はトレーラー本体納入前日までにお振込みしていただきます。

注文後のキャンセルは原則できません。万が一キャンセルの場合は、その時点までに要した経費を請求いたします。

よくある質問

Q.トレーラーハウスはどこにでも置けますか?

所定の設置方法を守ればどこにでも置く事は可能です。但し農地は市町村の農業委員会への相談が必要となります。

傾斜の激しい土地や地盤が弱い土地には設置ができません。

Q.市街化調整区域にトレーラーハウスを置いて事務所・店舗として使用することは可能ですか?

通常では設置することができない市街化調整区域でも、車検対応型トレーラーハウスであれば設置することが可能です。

※設置の条件などは、事前に市役所など自治体で確認ください。

※車検対応型トレーラーハウスとは、車検を取得してナンバープレートを取り付けることで公道をいつでも自由に走行することができることを指します。

Q.建築確認申請は必要ですか?

トレーラーハウスは建築物ではなく車両扱いとなる為、建築確認申請は不要です。固定資産税・不動産取得税の対象となりません。

各市町村でトレーラーハウスに関しての条例が特別に制定されている場合は条例を厳守して下さい。

※設置には、車両を利用した工作物としてルールがあります。

Q.自由に公道を走れますか?

可能です。ユニットハウストレーラーに使用するトレーラーは車検対応型となります。

日本全国で車検取得ナンバー登録が可能ですので車検を通していれば自由に公道を走れます。(継続車検も受けられます)

※けん引には、けん引免許が必要です。

※けん引車には、電気ブレーキコントローラーの取り付けが必要です。

※トレーラーには、最大積載量が決まっていますので内装重量にもお気をつけ下さい。

Q.電気、水道は引くことが可能ですか?

普通の建物と同じように可能です。ただし、「随時かつ任意に移動」できる接続方法を採用する必要があります。

※「随時かつ任意に移動」とは、工具を使わずにワンタッチで脱着できる接続方法を指します。

Q.かかる税金は何ですか?

本体購入時の消費税の他、弊社のトレーラーは車検対応型となりますので、車検を取得する場合は、車検登録時に、自動車取得税、重量税、自動車税、自賠責保険が必要となります。また、車検継続時に重量税、自動車税、自賠責保険が必要となります。

Q.本体以外にかかる費用はありますか?

移設費・設置費・本体固定器具費、ライフライン工事費(電気・給排水工事)、車検取得時の法定諸費用、けん引車の電気ブレーキコントローラー・取付け費が必要になります。

Q.納期はどのくらい必要ですか?

トレーラーに関していえば、在庫があれば書類手続きなどを含めて一月内で引渡し可能です。在庫がない場合は、1~3ヶ月程必要となります。ユニットハウスを含める場合は、ユニット販売会社の納期を考慮する必要があります。

Q.ユニットハウスについて質問があるのですが?

ユニットハウスについては、ユニットハウスメーカーへお尋ね下さい。

Q.地震や台風、積雪でも耐えられますか?

トレーラーハウスは、タイヤ、バネがあり地震には強い構造となります。反面想定外の台風などの強風には対策が必要となります。積雪の基準に関しては、ユニットハウスメーカーでご確認下さい。