ユニットハウストレーラーとは?

ユニットハウストレーラーとは、「市販のユニットハウス」と「弊社開発車検対応型トレーラー」(車体/シャーシ)を組み合わせた、コストパフォーマンスに優れた、市街化調整区域や空きスペースで利用できる事務所、店舗トレーラーハウスです。

一般的なトレーラーハウスのメリットはそのままに、ハウス選択の豊富さや継続車検に対応したオプション品など、付加価値が付いたトレーラーハウスです。事務所(スモールオフィス)、店舗をトレーラーハウスでとお考えの方には最適な一台となります。

トータルサポート(ユニットハウス購入の相談等)不要で弊社開発車検対応型トレーラーのみの購入も可能です。

一般的なトレーラーハウスのメリット

住居、店舗を建てるよりも低コスト

トレーラーハウスは建築物ではなく車両扱いとなる為、不動産取得税や固定資産税といった税金が不要です。

建築確認申請、基礎工事も不要です。つまり通常の建築と比較して低コストで建てることが可能です。

※設置には、車両を利用した工作物としてルールがあります。

 

市街化調整区域でも設置ができる

通常では設置することができない市街化調整区域でも、車検対応型トレーラーハウスであれば設置することが可能です。

※設置の条件などは、事前に市役所など自治体で確認ください。

※車検対応型トレーラーハウスとは、車検を取得してナンバープレートを取り付けることで公道をいつでも自由に走行することができることを指します。

 

移動(引越し)ができて売却も簡単

トレーラーハウスは車輪がついている為、用意にけん引移動する事ができます。

また車検対応型トレーラーハウスは、車検を取得してナンバープレートを取り付けることで公道をいつでも自由に走行することができます。移動のしやすさ、需要の多さから売却も簡単となります。

 

ライフラインも問題なし

居住、事務所、店舗利用の際に必要になる、水道・電気・ガスのライフラインも一般的な建築物と同じ方法で供給できますので問題ありません。ただし「随時かつ任意に移動」できる接続方法を採用する必要があります。

※「随時かつ任意に移動」とは、工具を使わずにワンタッチで脱着できる接続方法を指します。

ユニットハウストレーラーの特徴

ユニットハウストレーラーは、一般的なトレーラーハウスのメリットに加えて、付加価値が付いた製品です。

代表的な6項目をご紹介いたします。

(1)様々な用途・業種に対応

(2)市販のユニットハウスが積載可能

(3)車検に対応したトレーラーハウス

(4)継続車検に対応したサービス

(5)市街化調整区域に設置可能

(6)移設・売却が容易

(1)様々な用途・業種に対応

ユニットハウストレーラーは様々な用途・業種に対応可能です。

特に事務所・店舗などのビジネス向けとして注目されています。賃貸の駐車場を利用したケースも多くあります。

■主な用途・業種一覧

・運送会社の営業所・事務所の新設認可

・住宅展示場事務所

・自動車販売事務所

・観光地区での案内所・事務所

・教習所の事務所

・事務所全般

・スポーツ施設のクラブハウス

・テニススクール事務所

・選挙事務所

・建設業新規営業所

・チケットショップ

・レンタカー営業所

・飲食店、物販店の出店

・公園内の売店

・トレーラーハウスホテル

・賃貸物件としてのトレーラーハウス

・別荘として

・バス休憩所

・休憩施設

・農園管理施設

・ヘリポートの待合室


(2)市販のユニットハウスが積載可能

一般的にトレーラーハウスを販売店に依頼するとハウス部分も販売店(メーカー)が用意・受注生産して行くことになります。

居住を前提とするトレーラーハウスやハウスメーカーが製作するものは概ねコストが高くなる傾向があります。

ユニットハウストレーラーは、市販のユニットハウスを積載する事が可能ですので、お客様の条件に合う室内・予算でユニットハウスを見つけて弊社に依頼することができます。(新品・中古は問いませんがトレーラーに積載できる条件(サイズ等)の必要があります)

■おすすめユニットハウスメーカー商品

①標準パッケージ

対応:3.6坪タイプ56MSL

MSL 単体専用シリーズ

MOBILE SPACE by三協フロンテア

※詳しくはメーカーHPで確認下さい。

②スタンドショップパッケージ

対応:3.6坪タイプ56MSL

MSL 単体専用シリーズ

MOBILE SPACE by三協フロンテア

※詳しくはメーカーHPで確認下さい。

③スモールオフィスパッケージ

対応:3.6坪タイプ56MSL

MSL 単体専用シリーズ

MOBILE SPACE by三協フロンテア

※詳しくはメーカーHPで確認下さい。


④エコノミーハウスE38型

対応:3.7坪

エコノミーハウスNAGAWA

※詳しくはメーカーHPで確認下さい。


■その他のユニットハウス

新品・中古・メーカー問わず積載可能ですが、以下の条件があります。

<積載条件>

・対応可能サイズ3坪(6帖)~4坪(8帖)※それ以外のサイズはご相談下さい。

・寸法サイズがW 5,870mm以下 × D 2,490mm以下 × H 2,900mm以下である事。

・重量が積載規定値以下である事。※HP・カタログに記述がない場合は弊社がメーカーへ確認致します。

・著しく劣化が激しいユニットハウスではない事。

(3)車検に対応したトレーラーハウス

ユニットハウストレーラーに使用するトレーラーは車検対応型となります。

日本全国で車検取得ナンバー登録が可能です。継続車検も受けられます。

ユニットハウス4坪8帖(3.6坪~)に対応しています。※それ以外のサイズはご相談下さい。

■トレーラー(車台/シャーシ)について

国内生産

岐阜県内の熟練スタッフが整備対応することで高品質な製品に仕上がっています。

新脱着構造採用

ハウス積載時、位置決めの金具を各ユニットハウスサイズに合わせ抜き差しできる新脱着構造を採用(特許出願済)

電気ブレーキ付

けん引車のブレーキと共同して働く様に設計されています。使用には、けん引車側に電気ブレーキコントローラーが必要です。


けん引車について

トラック、中型以上のSUV車でけん引ができます。けん引には、けん引免許、電気ブレーキコントローラーの取り付けが必要となります。

けん引装置について

ヒッチボールとボールマウントを使用したけん引装置を車両に装着ください。

車検について

車検登録時に、自動車取得税、重量税、自動車税、自賠責保険が必要。

車検継続時に、重量税、自動車税、自賠責保険が必要。


(4)継続車検に対応したサービス

ユニットハウスとトレーラーを脱着構造にする脱着オプションサービスです。

脱着用ジャッキを差込み、回し持ち上げてトレーラーを脱着する事ができます。

継続車検の際にユニットハウスを設置場所に残したままトレーラーをけん引していく事ができます。

※現在開発中です。2018.12

脱着オプション

(5)市街化調整区域に設置可能

ユニットハウストレーラーは、車検対応型トレーラーハウスで建物ではなく車両とみなされる為、市街化調整区域でも設置する事ができます。

運送会社の営業所や事業所など新しい使い方が注目されています。

※設置の条件などは、事前に市役所など自治体で確認ください。


市街化調整区域での設置例(運送会社事務所)

(6)移設・売却が容易

急な移設や数年後に移設すると分かっている場合に、トレーラーハウスの機動力は役に立ちます。敷地内での移動も簡単です。

また、需要が多いトレーラーハウスは売却のハードルも低いのが利点です。


トラック、中型以上のSUV車でけん引ができます。